深瀬啓介&立川ルリ子 出雲リトリート ~ 大いなる神聖さと共に歩み始める2021年 ~

 





2021年1月14~17日(木~日) 3泊4日

今回の冬の出雲は例年よりも雪の予想がでているため、
またこれからの時期はコロナの影響も懸念されるため、日程を変更いたします。
4月・5月で日程調整中です。決まり次第ご案内いたします。





カード&書籍『3つのカードでラクラク問題解決!ドリーミング・セラピー・カード』の著者、深瀬啓介さんの待望の出雲リトリート!2年前にスサノオさまより啓示をうけて出雲に移り住んだ、魂伝ファシリテーター/恋愛コミュニケーション研究家の立川ルリ子さんをゲスト講師に迎え開催することとなりました。

いにしえの情報が色濃く残る出雲。この地のドリーミングをみんなで感じ、深瀬さんが情報をその場で共有してくれます。立川ルリ子さんが今回の出雲の地をめぐるナビゲーターとして出雲でもコアで神聖な地を案内してくださるスペシャルなリトリートです!



 

     


   

★深瀬啓介さんのメッセージ★

【「表現と変革」のテーマを持つ2021年は、“この世”と“あの世”のゲート『出雲』から始まる!!】

私は神道の保育園で育ち、園長先生は神主さんでした。初詣ではお祓いをして千歳飴と「くにうみ」の絵本をもらうのが恒例の行事でした。竹駒神社と隣接していた実家では、「神さん買って来るからおいで」と言われて、おじさんに連れられて神社で神様(お神札という絵)と破魔矢と熊手飾りをいただいて来ました。お神札は、大年神(おおとしのかみ)、宇迦御魂神(うかのみたまのかみ)、大國主神(おおくにぬしのかみ)、事代主神(ことしろぬしのかみ)の四柱の神様と、台所に祭る奥津彦神(おくつひこのかみ)と奥津姫神(おくつひめのかみ)の釜神様です。榊とお神酒と水とお餅をお供えして、家族みんなで手を合わせました。

出雲は大國主命を祀っている大社です。お神札には大黒天に似た姿で描かれています。健康と発展を司り、災いを退け、人々との結びの神様だそうです。「大國」は“ダイコク”とも読めることから同じ音である大黒天とつながったようですが、そこにある意味も同じだと思います。大黒天はヒンドゥー教のマハーカーラです。「マハー」はマハーラジャ(偉大な王)でも使われている“偉大な”という意味で、「カーラ」は“時”や“黒”という意味で、「マハーカーラ」は偉大な黒という意味になります。“黒”というのは“悪い”という意味ではなく、表“光や天”に対しての裏“闇や地”の意味を持ちます。天”とは天皇家の神であり高天原(たかまがはら)の支配者である“天照大神”ですが、“地”は葦原中津国(あしはらのなかつくに)の統治者である大國主神です。

大國主は幽冥主宰大神(かくりごとしろしめすおおかみ)で、“あの世”の支配者です。出雲は“あの世”に近い場所、“この世”と“あの世”をつなぐゲートです。“あの世”を肉体を中心として見るならば「死後の世界」となりますが、意識の構造として見るならば、表面意識(顕在意識)に対する無意識を指します。無意識は個人を超えて集合的な領域まで広がっています。それが集合的無意識です。

見えているこの世界の裏側には、見えていない何らかの作用がある。集合的無意識の場には“運”であったり“出会い”であったりといったシンクロニシティ(共時性)が働いています。“この世”と“あの世”をつなぐ出雲が“縁結び”の土地であるというのには意味がありますね。二元性を超えた純粋な「自己」を思い出すには、闇を受け入れ、赦しによって超越する道を進みます。“この世”と“あの世”を超越した“無・静寂”の眼でとらえるなら、ドリーミング…つまりは、“ここ”が夢であるように“そこ”も夢であることを知ります。

出雲リトリートでも参加者一人一人に、この旅でのその人のテーマとなる「パワーアート(原画)」が配られます!当然ただの観光ではなく、土地のドリーミングを解説しながら、皆さんにも実際にその場を感じていただきます!そして、心を神聖さに整える「ガイド」へのコネクションもみんなで行います。その場所に立ったままでもしっかりつながれるコネクション瞑想と、簡単なインナービジョンの体験も楽しんでいただこうかと思います。いにしえの土地での美味しいものとの出会い、素敵な人々との出会い、そして新しい視点との出会い。

「表現と変革」の2021年は、良い運と良い出会いに恵まれるシンクロニシティの場、この機会にぜひ『出雲』へ一緒にいきませんか!

 
深瀬 啓介


 




★ドリーミングとは「情報とエネルギーと意識のこと」
「ドリーミング」とは、オーストラリアの先住民アボリジニの言葉。彼らは旅をしながら、その記憶や痕跡が残るように、人や土地にエネルギーが宿ると考えていました。この痕跡を残す行為や、痕跡そのもののことを「ドリーミング」と呼んでいます。痕跡を残すのは「意識」であり、残されたものは「情報とエネルギー」です。「ドリーミング」を知ることによって、私たちの本質が本来の「自己」であることを思い出すでしょう。




★立川ルリ子さんのメッセージ★

私は、参加者の方々を出雲の神々とお繋ぎできたらと思っております。2年前に出雲を訪れ、スサノオ様に「この地に住むように」「新しい国造りが始まる」「循環型の暮らしをする」と言われてキャリーバッグ2つで単身引越ししてしまいましたが、もうひとつ、言われていたことがあります。それは「人を連れてくることを仕事にしなさい」ということです。

おかげ様で、引越してすぐに神社巡りが仕事となり、神様のお導きで観光協会と組むようにもなりました。また、今年に入って、日御碕神社のお稲荷様との契約もいたしました。日御碕神社は、全国素戔嗚尊総本山であり、日本のために働く天照大神さまとスサノオさまがおられます。こちらのお稲荷様は、全国ネットワークを持っており、こちらに登録された方は、あちらこちらのお稲荷様から援助を受けるようになります。「神様スカウト」と私は呼んでいて日本のために貢献することをコミットされる方々を連れていく担当です。ガイドから聞いた話として神様との繋がり方もあるのでそちらもレクチャーいたします。

参加者の方々が、素晴らしい現実創造をされるためのご縁繋ぎのお役割をさせていただければ幸いです。


立川ルリ子

 


 

    


   

    

スケジュール 


    


          

 

スケジュール
日付

食事
1日目
(木)

12:00 ホテル集合。荷物置いて移動
13:00 物部神社 → 出雲大社 → 稲佐の浜 
17:40 ホテル着
18:00 夕食
19:30 ワークショップ(2時間)
21:30 解散予定

夜:○
2日目
(金)
 

09:00 ワークショップ(2時間)
11:40 須佐神社
12:35 ランチ
ランチ後、龍頭ヶ滝 → 立石神社
17:20 ホテル着
夕食各自(お配りする地域クーポン使って各自好きなもの)
19:00 ワークショップ(2時間)
21:00 解散予定

朝:○
昼:〇
夜:-

3日目
(土)

09:00 ワークショップ(1時間半)
11:00 日御碕神社
12:00 日御碕灯台、ランチ
ランチ後、鰐淵寺へ。
17:00 ホテル着。
夕食は各自(お配りする地域共通クーポン利用で好きなものを)
19:00 ワークショップ(3時間)
22:00 解散(ここでリトリート終了となります)

朝:○
昼:○
夜:ー
4日目
(日)

フリータイム

朝:○
昼:-
夜:-
 

※天候不良により、スケジュール、訪れる場所が変更になる場合もございます。予めご了承ください。

 

    


   
       

 


お申込みについて 


◆参加条件

①どなたでもご参加いただけます。(お申し込み時に講師やスタッフとどのようなご縁があるかご明記ください。任意。)
②健康な方(現在、精神病で通院または薬を飲んでいる方はご遠慮いただいております。)


リトリート参加費(ご予約金):33,000円 
旅行代金(リトリート参加費の残りと旅費):日程変更ため料金決定までしばらくお待ちください。


申込締切(第一次):


<リトリート参加費(ご予約金)と旅行代金に含まれるもの>
リトリート参加費(講師料)、宿泊費(1人1部屋3泊分)、食事(朝食・1日目の夕食・2日・3日目のランチ。飲み物代は別途個人払いです。)、ホテルからの移動費・観光・ガイド料。


<リトリート参加費(ご予約金)と旅行代金に含まれないもの>
ホテルまでの交通費。上記以外の食事(2・3日目の夕食。ただし、地域共通クーポンをお配りしますので、こちらでお好きなものを食べていただけます。)、個人的な諸経費。


    

         



<お申し込みの流れ> 

お申込み → 催行決定になり次第、ご案内を改めてお送りいたします。その後、7日以内に33,000円の前金をお振込みいただきます。併せて順次、今回お願いする出雲観光協会さんからご連絡がきますので、各自旅行に関わるお手続き・旅費のお支払いをしてください。 (※マイルでの手配はできかねますので予めご了承ください)

弊社は旅行会社ではないため、旅行に関わる部分は、全て出雲観光協会さんに対応してもらう形になります。団体用に弊社希望のスケジュールを組んでいるため、みなさまには弊社指定の旅行会社さんで手続きをしていただきますので、予めご了承ください。なお、宿泊手配の関係で、お申込み時のお客様情報は旅行会社さんと共有させていただきます。こちらも併せてご理解・ご了承の程、宜しくお願いいたします。



<宿泊ホテル> 

ツインリーブスホテル出雲 (島根県出雲市駅北町4番地1 JR出雲市駅から徒歩1分)

団体旅行を組んでいる関係もあり、全員上記のホテルに宿泊となります。お部屋はゆったりと過ごしていただけるよう全員1名利用のお部屋をご用意しております。

<持ち物>   

・各自、旅行に必要なものをご準備ください。

その他、

・歩きやすいシューズ(自然豊かなところを歩きますので、履きなれたシューズをおすすめします。)
・常備薬(日頃から飲まれている胃薬や風邪薬などをお持ち頂くことをお勧めします。)
・ご自身のお飲み物
・筆記用具
・雨具(カッパ)や傘(雨が降った場合でも、観光できそうであれば観光します。雨具や傘があるといいです。)
・酔い止め(長時間のバス移動がありますので、車酔いする方はご準備ください。)

<服装に関して> 
カジュアルで動きやすい服装でお越しください。自然豊かな場所も観光します。

<フライト>

深瀬啓介さん、立川ルリ子さんのファンは全国にいらっしゃいます。また、HIYORIは旅行会社ではございませんので、航空券や出雲までの電車などはご自身で手配して頂くことになっております。お申し込みが完了しましたら、早めに手配をしてください。集合時間の関係上、当日が難しい場合は前日入りしていただいても大丈夫です。その際は、出雲観光協会さんでも追加宿泊の予約をしてくれますので、直接ご連絡していただけたらと思います。


【今回旅行に関しての対応をしてくださる会社】


一般社団法人出雲観光協会
住 所:島根県出雲市大社町北荒木441-3
電 話:0853-53-2112/0853-31-9466
担当:斉藤さん


※お申込みいただいた方には、担当の斉藤さんのご連絡先をお伝えいたします。お問合せやフライトご予約の際、HIYORI主催、出雲リトリートの参加者と明記してください。スムーズに対応してくれます。


 

◆参加を希望される方へ(お申込みの前に必ず下記をお読み頂き、同意の上、お申込み下さい。)

リトリート中(観光中)には足場の悪い箇所にも行く予定です。細心の注意を払って誘導いたしますが、危険性を完全に排除することはできないことを予め認識し、お申込みください。主催者、及び講師は、リトリート(ツアー)中に起こった紛失・怪我・事故に際し、応急処置を除いては一切の責任負いません。自己責任の下、ご参加下さいますようお願い致します。不安な方は、万が一のため、海外旅行保険に加入されることをお勧めいたします。なお、天候不良や自然災害などでやむ終えず中止になった場合の航空券などのキャンセル料金を負担することはできません。予めご了承くださいますようお願い致します。参加費に関しては基本的にキャンセル規定に基づいた対応となりますが、出来る限り柔軟に対応させて頂きます。以上、予めご了承頂き、同意できる方のみお申込みをお願い致します。お申込みを頂いた時点で、同意していただけたと判断させて頂きます。

 

※ワークショップ、お話会などの録音・録画はご遠慮下さい。


【お申込み】

お申し込みは、下記お申し込みフォームからお願いします。

出雲リトリート2021
この度は、深瀬啓介さん&立川ルリ子さんの出雲リトリートにお申込いただき、誠にありがとうございます。

7日以内にご連絡を差し上げますので、今しばらくお待ちください。7日過ぎてもこちらからの連絡がない場合は、お申し込みが届いていない場合がございます。お手数おかけしますが、改めてご連絡いただきますようお願いいたします。 (*印は必須)
*名前(本名でお願いします)     
*ふりがな     
*メールアドレス
*電話番号 --
*住所
- 






*性別  
*国内緊急連絡先(名前)
*国内緊急連絡先(住所)
*国内緊急連絡先(電話)
*参加条件についてのご回答など

よろしければ確認ボタンを押して、確認画面へお進みください。

  

メールフォーム by mface.jp

上記お申し込みフォームからの送信ができない場合は、下記項目をご明記の上、info@hiyori-yamato.comまでお申し込みください。 ※キャンセル規定をご確認の上、お申込みくださいますようお願いいたします。


1、お名前(本名)
2、ふりがな 
3、E-mail(パソコン)
4、携帯番号
5、郵便番号
6、ご住所
7、性別
8、国内緊急連絡先(氏名) 
9、国内緊急連絡先(続柄)
10、国内緊急連絡先(住所) 
11、内緊急連絡先(電話番号)
12、参加条件の件についての回答

を記入の上、件名に「深瀬啓介&立川ルリ子出雲リトリート申込み」、と明記の上お申込みください。

・携帯メールからお申込の方は、info@hiyori-yamato.comからの返信が受信できるように設定をお願いいたします。

※携帯メール、特にezwebでセキュリティ設定が高くなっていると、パソコンからのメールを自動削除してしまうことがまれにあるようです。 7日間待っても弊社からの返信がない場合には、必ずご連絡くださいませ。

・料金は先払いの口座振込みとさせていただいております。
・お申込後、お振込先のご連絡を差し上げます。
・ご予約確定後、お振込がない場合でも下記キャンセル規定が適用されますのでご注意ください。
・ご変更やキャンセルなどありましたら早めにご連絡お願いいたします。
・ご予約の譲渡はご遠慮頂いております。予めご了承ください。

※お申し込み後、7日以内に申し込み受付完了のご案内をお送り致します。7日過ぎても弊社からのご案内が送られない場合は受付が完了しておりません。お手数おかけしますが、info@hiyori-yamato.com までご連絡くださいますようお願いいたします。



    

      



キャンセルについて 


【キャンセルについて】
 
ご予約確定後(お申込みいただき、こちらからのご案内をお送りした時点)は、お振込みの如何に関わらず、一か月前から参加費の50%、2週間前からは100%をご負担いただきますので、あしからずご了承くださいませ。(いずれの場合も、振込手数料はお客様負担となります。) なお、こちらのキャンセル規定はリトリート参加費(ご予約金の33,000円)に関してのキャンセル規定になります。旅費に関しては指定の旅行会社さんのキャンセル規定に基づきます。

【重要】
お振込の如何に関わらず、上記キャンセル規定が適用されますので、くれぐれもご注意ください。やむをえずキャンセルされる場合には、できるだけお早めにご連絡をお願い致します。なお、お申込み同様、キャンセルの場合もメールにてご連絡下さい。


講師プロフィール 


◆◇深瀬 啓介 
 


色と心の専門家・心理トレーナー・一般社団法人ME応用心理学研究所 代表理事
1972年生まれ。宮城県岩沼市出身。道都大学美術学部環境造形科卒業。
5才の頃に「母が見ている色と自分が見ている色は同じなのだろうか?」という疑問を持ってから色に惹かれ、 以来、コンピュータによる色彩表現や心理学など、認知の研究をし続けている。大学を出てからは仙台のデザイン系専門学校で講師として勤めた。その後、2000年に独立。2004年にはmixiにて色彩研究のコミュニティを立ち上げ会員数15,000人以上となる。この頃、色の研究は心理療法に入っていたが、カラーセラピーというのは魔術的なものが多くほぼ色占いであった。ある時「色の経験という簡単な知覚であっても、人の心はとても複雑で、一概に目や脳の解剖学的、生理的な仕組みで説明できるほど単純ではない。そこに“癒し”という目的が追加されるともっと深い学びが必要であるのに、どうして安易に過去の魔術や不確かな科学風説明で“癒された感じ”という暗示で済ませるのだろうか? 人は新しい進化の局面にあるのにカラーセラピーはとても遅れている!」と考え、今までの色と心の研究を土台に新しい色彩心理療法『MEカラーセラピー』を開発する。 MEカラーセラピーは東京や遠くは福岡など他県から参加したプロのセラピスト達が自分たちのセラピーに取り入れ、口コミで広がっていった。

現在は、公的機関や企業、各種教育機関にて認知行動療法や瞑想、ストレス耐性を上げクリエイティブな仕事ができる心理トレーニングや、脳の機能からアプローチする新しいコミュニケーション方法、相談者を中心とした色彩心理療法の講演や講座を開講している。


■専門:認知色彩工学、色彩心理、分析心理学、認知行動療法、マインドフルネス瞑想、イメージ療法
■著書:『カラーリーディング(文芸社,2010)』、『MEカラーセラピー入門テキスト(IOMEAP,2013)』、『セラピストのためのカラーセラピーハンドブック(IOMEAP,2014)』、『3つのカードでラクラク問題解決!ドリーミング・セラピー・カード(ライトワーカー)』


 

◆◇立川 ルリ子



1972年生れ、広島県出身 2018年より出雲市在住。作家。セミナー講師。コラムニスト

幼少期から魂のガイドの存在を感じ、対話を繰り返す日々を過ごす。義父のパワハラから逃れるように14歳で家を出る。この頃からガイドの存在と対話しなくなる。その後、薬物、レイプ、鬱病、自殺未遂などの体験から逃れるように19歳で結婚。第2子を授かった頃、当時の夫が経営する会社が倒産。ギャンブル、DV、浮気、借金という転落の生活で辛酸を甞める。借金返済と生活のために21歳でホステスへ転身。22歳の時、離婚をきっかけに子供を連れて上京後、新宿の高級クラブで勤務。26歳で独立。ラウンジとスナック2店舗をオープンし経営者となる。夜の業界では延べ200人以上の女性を教育し、店舗スタッフのコミュニケーションを円滑にする為のマネジメントとしてコーチングやファシリテーション技術を体得、CHO(チーフハピネスオフィサー)としての能力を磨く。先天的な直感力から男性顧客のニーズを察知し100%の再来店(リピート)率を誇り、約10年間で延べ10万人以上が来店するなど業界でも異例の話題店となり人気を博す。

35歳で夜の世界を引退。3年後、ネイルサロン「アンジュブラン東京」を立ち上げる。累計10万人以上の男性顧客を見てきた経験から「ネイルしながら恋愛相談が受けられる」と評判となり恋愛セミナーを開始、瞬く間に予約がいっぱいとなる。そんな中、39歳で急性リンパ性白血病を患い8ヶ月間の闘病生活を余儀なくされる。闘病中に魂の自分と融合して2つの意識を持ったまま10日間過ごす体験をする。この体験から、再び、明確にガイドからメッセージを受け取るようになる。今までの人生のあらゆる経験や困難も、すべて「愛」を知るためのものだったことに気付きを得る。また、自分の魂のプランを知り、プランを生きることに全ての命を使うとコミットする。移植手術を経て社会復帰。
現在では自身の「生」と「死」の観念から「後悔しない生き方のヒント」と魂の自分と?がり、悔いのない人生を送りたいと願う女性のためのパーソナルコーチングや、恋愛に悩む女性のパートナーシップを育むセミナーの講師として全国の女性から絶大な支持を誇る。また、ユニークユーザー数110万人を誇る日本最大の恋愛ポータルサイト「恋愛ユニバーシティ」で、数カ月間コラムランキング第1位の話題の人気講師としても知られる。

近年では、臨死体験で得た経験から「魂の自分に繋がり魂の恋愛をする」ことをモットーにクライアントのガイドの情報を伝えるセッションをしている。他にも神々の地出雲で「愛の循環型の暮らし」をテーマに次世代の子供達や移住者をサポートする事業展開を進めている。


■著書
『「この女に愛されたい」と思われる“彼女"になる方法』(大和出版)、『気のない彼、無理めな彼、マンネリな彼、どんな彼でも、自然とあなたに恋する本』(SBクリエイティブ)、『なぜときめくほどに恋愛はうまくいかないのか』(SBクリエイティブ)、『気になる彼、気のない彼、無理めな彼でも、あなたの恋がずるいくらいに叶う! 男性の5タイプ別アプローチ』(SBクリエイティブ)がある。

https://profile.ameba.jp/me






ページのトップへ戻る