深瀬啓介 奈良リトリート Unification 〜 スピリットとの一体化

 






2024年5月10~12日(金~日) 3日間


受付開始しました!




カード&書籍『3つのカードでラクラク問題解決!ドリーミング・セラピー・カード』の著者であり、心理トレーナーであり、アーティストでもある深瀬啓介さんの大人気リトリート!2024年最初のリトリートは奈良です。

奈良は多くの歴史的に重要な神社仏閣などの国宝建造物数が日本最多。山まるごと世界遺産の吉野山の他、パワースポットと言われている山々も多く、一つひとつのスケールが大きいのが特徴的です。奈良と行ったら天河や玉置神社など有名なところがたくさんありますが、今回は日本最古の道とも言われる知る人ぞ知る上古の道。7世紀はじめに作られた「山の辺の道」をみんなで一緒に歩きます。
1300年以上も前の道にはどんなオーラやエネルギーがあるのでしょうか。深瀬さんがシェアしてくださいます。



 




深瀬さんが鳥居をくぐった瞬間から衝撃を受けるほどのパワーを感じた石上神宮からスタート。ここでは視察の時に深瀬さんが受け取ったある特別なワークを当日その場でレクチャーしてくれる予定です!そして、歴史を感じる山の辺の道を歩いて桧原神社へ、そして薬井戸がある狭井神社にも行き、ここで御神水を汲みます。山の辺の道の最後が奈良ではとても有名な大神神社です。山の辺の道を歩いた次の日は、汲んできた御神水を使ってドリーミング・アート描いたり、御守りを作る予定です。山の辺の道は、長時間歩きますが、みんなでワイワイ楽しく歩きましょう♪ リトリート時にしかもらえないパワーアートも今回ももちろんあります。お楽しみに。


 


  


   

★深瀬啓介さんのメッセージ★

昨年11月14日、奈良の視察に行く前日のことでした。新大阪でSDセッションを終えてホテルに戻ってほっと一息、ベッドに横になると、自分の視界がおかしいことに気づきました。目を開けているのに青白い光が見えているのです。SDの後で目がぼやけているのかなと思ったのですが、その光は何かの形をしているようでした。目を閉じると、知らないお社の形が3Dモデルのように鮮明に見えました。いつものSDの時の夢よりも、映像が鮮明なので驚きました。映像の中を歩くと、お社の横の板の一枚一枚まではっきりと見えたのです。見た目はそれほど大きくないお社でした。お告げのような何かのメッセージもなく、どのような意味があるのかも分からず、ただずっと見えていたのです。

次の日、新大阪から奈良に移動して、今回の目的でもある「山の辺の道」の最初の石上神宮(いそのかみじんぐう)へ参りました。石上神宮は日本最古の神社の一つで、御祭神は「布都御魂大神(ふつのみたまのおおかみ)」という百済から贈られた「七支刀」です。鳥居近くに来ると、下腹から入っ来る強い場のエネルギーを感じました。石上神宮は、ヤマト王権の武器収蔵庫としての役割を担ってきたそうですが、強いエネルギーの土地に武器を置いたのだと思います。エネルギーの渦の中を歩きながら手水舎を後にして、石の階段を登ると左側に重要文化財の美しい赤色の楼門が見えてきます。右側には小さなお社がいくつかありました。参拝の後、また楼門を出て次は小さなお社へ行こうとしたら、ちょうど何かの祭儀の最中のようでした。小さなお社は四つあり、それぞれを司さん三名と巫女さん二名で順に回られてました。参拝者も何名かいて、私もその中に混ざって、一緒にお辞儀をしていました。この祭儀は月次祭というらしく、偶然この時に斎行されていたのです。私は四つのお社の中央のお社を見て驚きました。それは前日に見ていた光るお社だったのです。全く同じ形で、大きさも同じでした。お社の横にはちゃんと板もありました。このお社は摂社の出雲建雄神社(いずもたけおじんじゃ)で、祀られているのは三種の神器の一つ「天叢雲剣(あめのむらくものつるぎ)=草薙剣(くさなぎのつるぎ)」の荒魂とのことです。天叢雲剣とは、素戔嗚尊が出雲国でヤマタノオロチを退治した時に尾から見つかった神剣です。お社の前で目を閉じると、夢の中で扉が開いて、中には白く輝く太陽のようなものが見えました。でも、何かのメッセージがあるわけでもなく、それがどのような意味があるのかも分からないままでした。

 






仙台に帰ってから夢の中で白く光る出雲建雄神社につながってみました。すると、石上神宮で感じたあの強いエネルギーの流れを再び感じました。そしてついに、お社の扉が開き、白く輝く光の中にスピリチュアル・シンボルが見えました。そのシンボルは、2021年に出雲大社の後ろにある素鵞社で見た動くスピリチュアル・シンボルと同じものでした。それは、丸い光の周りに八つの丸い光がある形です。素鵞社のご祭神は素戔嗚尊です。つまり、2021年の出雲リトリートからすでに何かが始まっていたのです!

その光からは「ある数字を数える」というメッセージが来ました。心の中でその数字を数えると、一つづつ玉の輝きが強くなり、ある数字の時には急に意識が深く静かになって手のひらが熱くなりました。そして数えていくと真ん中の玉が輝き、最後に全部が一つになって私も光と一体になっていきました。強い光の中では、物質の境界線はなくなって全てがエネルギーのつながりであるという意識の状態になります。どこか一点に集中しているのではなく、エネルギー全体と一体になっている感覚が続きます。何度か実験している私の体験ですが、熱くなった手を自分の体の痛みがある所に置くと、そこに変化が起き始めて痛みが消えていきました。楽しくなっていろんな所にやってみたら、全身が熱くなってきて驚きました。その時は、体のオーラに金色のキラキラが多くなってきます。どうやらこれは最短で強力なコネクションのようです。ガイドとのつながりを求めていたら、素戔嗚尊が手を貸してくれたように思います。

このワークにはまだまだ謎があるようですが、まずは今回、奈良のリトリートで分かち合いたいと思います。詳しいやり方をレクチャーしますので、石上神宮を参拝し、摂社のお社のところで、当日にみんなでワークができたらと思っています。そこで何は起きるのか!!


深瀬 啓介










●参加者は自分だけのパワーアート(PTドリーミング)がもらえる!
今回も参加者一人一人に旅のテーマとなるパワーアートをお渡しいたします。パワーアートはリトリート参加者しか手にできない一人一人違う絵です。受け取ったパワーアートが自分のスピリチュアル・ドリーミング(SD)と似ているということに気づいた人もいる不思議な絵です。リトリート後にはお守りとして思い出と一緒に持ち続けられる絵です。
※分かりやすくパワーアートと表現していますが、その時にその人に与えられている大いなるスピリットのパワーを写し取った絵という意味で深瀬は「PTドリーミング(Power Transfer Dreaming)」と呼んでいます。



  

(左がバリ島リトリート時のパワーアート、右が長野リトリート時のパワーアート)




★ドリーミングとは「情報とエネルギーと意識のこと」
「ドリーミング」とは、オーストラリアの先住民アボリジニの言葉。彼らは旅をしながら、その記憶や痕跡が残るように、人や土地にエネルギーが宿ると考えていました。この痕跡を残す行為や、痕跡そのもののことを「ドリーミング」と呼んでいます。痕跡を残すのは「意識」であり、残されたものは「情報とエネルギー」です。「ドリーミング」を知ることによって、私たちの本質が本来の「自己」であることを思い出すでしょう。


    


  

(左が出雲リトリート時のパワーアート、右は松島リトリートの時のパワーアート)

   


■予定しているワークショップ内容(参加者さんの状況によって変更となる場合もございます)

〜 今回は特に深瀬さん自身もワクワクドキドキの深くて強力なワークショップなんだそうです〜


◎「山の辺の道」
石上神宮だけではなく、古墳群の間をぬって、熱く乾燥した光のオーラの桧原神社や、神秘的で澄んだ青緑色のオーラの狭井神社、そして上空と地下に二つのオーラの流れがある大神神社まで散策します。

◎「ユニフィケーション(unification)」
素戔嗚尊から頂いたスピリットと一体化する強力なコネクションのワークを分かち合います。

◎御神水で描くお守りとドリーミング・アート
「山の辺の道」の途中の狭井神社では、万病に効くという薬水が湧き出る井戸で御神水を頂き、その水で皆さんと一緒に「お守り」を描きたいと思います。

◎パワーアート(原画)で現在の癒しのテーマを受け取ろう!
リトリートのお楽しみの一つ「自分だけの今回のテーマ」パワーアートを受け取ります。このアートが今あなたの人生に起きているテーマです。さらに、参加者全員が共通する癒しのテーマというのも分かってきます。リーディングと同時にガイドの癒しを受け取っていきます。



※雨天の場合も山の辺の道を歩く予定ですが、雨が強すぎる場合など状況によっては、石上神宮でワークをし、その先の山の辺の道を少し歩いてJR奈良駅に戻る場合もございます。その場合は会場でワークショップを行います。




(深瀬さんが夢でみた立体的なお社)


   

    

スケジュール 



     

       

スケジュール
日付

食事

1日目
5/10
(金)

11:00 ワークショップ(2時間)
※最初のワークショップでパワーアート配られます
(会場はJR奈良駅から徒歩5分くらいの場所です)
13:15 ランチ 
14:00 散歩 → 東大寺へ
17:00 各自夕食
18:30 ワークショップ(2時間)
20:30 解散

昼:〇
夜:-
2日目
5/11
(土)
 
  07:15 JR奈良駅集合(時間厳守)→ 天理駅へ
 天理駅 → 石上神宮 → 山の辺の道へ
 ※石上神宮のある場所でワークを行います
 山の辺の道を歩いている途中でランチ休憩。
 休憩をこまめに入れながら歩き、桧原神社・狭井神社へ
 狭井神社で御神水を汲み、最後は大神神社へ。
 その後、三輪駅 → JR奈良駅
 
  17:30 JR奈良駅・解散・各自夕食
 
朝:-
昼:〇
夜:△

3日目
5/12
(日)

09:00 ワークショップ(3時間)
12:00 フリータイム・各自ランチ
14:00 ワークショップ(4時間)
18:00 リトリート終了

※ 5/13(月)はオプションで深瀬さんと巡る奈良半日(参加費3,000円くらいなのでご都合よい方はぜひ♪)

朝:-
昼:-
夜:-
オプション
5/13
(月)

《オプション》深瀬さんと巡る奈良半日♪
8時頃集合し、深瀬さんと高山おススメのところを半日一緒に巡りましょ♪天気がよければ眺めのよいおススメの場所、そしてバスでは行けないご案内したい滝があります。レンタカーを借りて何台かで行く予定です。 オプションの参加費は3,000円くらいを予定しています。

朝:-
昼:-
夜:-
 

※天候不良により、スケジュール、訪れる場所が変更になる場合もございます。予めご了承ください。
※なお、雨天の場合も山の辺の道を歩く予定ですが、雨が強すぎる場合など状況によっては、石上神宮でワークをし、その先の山の辺の道を少し歩いてJR奈良駅に戻る場合もございます。その場合は会場でワークショップを行います。




   


   
       

 


お申込みについて 


◆参加条件

健康な方でしたらどなたでもご参加できます。(現在、精神病で通院または薬を飲んでいる方はご遠慮いただいております。)深瀬さんと高山にお会いしたことがない方は、なに経由でリトリートをお知りになったのかをお知らせください。

なお、今回は2日目の山の辺の道は長時間歩きます。休みながらゆっくり歩く予定です。歩く時間としては5時間半くらいはかかるかと思います。山ではないので基本的には平坦な道ですが、多少のアップダウンはあります。歩行が困難な方はご参加は難しいのですが、普通に歩ける方は心配ありません。体力に自信のない方、途中で足が痛くなった場合は、山の辺の道の真ん中あたりで電車に乗って最終地点の三輪駅に先に向かうことも可能です。



【参加費】

■早割(3/31までにお申込みの方):65,000円

■通常(4/1以降にお申込みの方):70
,000円

参加者のお一人ひとりに、今のテーマとなるパワーアートをプレゼント!貴重なパワーアートの原画をもらえるのは、リトリートにご参加された方だけです。今、必要でそして与えられるパワーとは!?自分のドリーミング・アートととも繋がりがあったり読み解きが進んだりすることもあるパワーアート。どうぞお楽しみに♪


申込締切:定員に達した時点で受付終了になります。



  


<リトリート参加費に含まれるもの>
ワークショップ参加費、東大寺拝観料、1日目のランチ、2日目のランチ、2日目の夕食(柿の葉すしをお配りします)、その他、一人ひとりのテーマのパワーアート(原画)が配られます


<リトリート参加費に含まれないもの>
宿泊費(ホテルは各自の手配です)、交通費(ワークショップ会場までの交通費、山の辺の道を歩く日の奈良駅から天理駅、三輪駅から奈良易までの交通費)、食事の際の飲み物で追加される人は個別でお支払いをお願いいたします。その他、ドリーミング・アートを描く際の画材(水彩色鉛筆・水筆・ピグマペン)お持ちでない方はこちらでご用意もできます)、個人的な諸経費。




  

         




<お申し込みの流れ> 

お申込み → 催行決定になり次第、ご案内を改めてお送りいたします。その後、リトリート代金をお振込みいただく形になります。最少催行人数に達しない場合は、開催が延期・見合わせとなる場合もございます。開催決定になりましたら、現地までの新幹線やフライトの手配をされてください。なお、ホテルはキャンセルができると思いますので早めにご自身でご予約しておくことをおすすめいたします。



<ワークショップ会場・宿泊ホテル> 

各自お好きなホテルをご自身で予約してください。ワークショップの会場は「ホテルアジール奈良」です。講師とスタッフは、会議室をお借りする関係でホテルアジール奈良に宿泊しますが、JR奈良駅にはリーズナブルで、大浴場や温泉があるホテルが色々あります。JR奈良駅周辺のお好きなホテルをご自身で手配してください。

■ワークショップ会場住所: 奈良市油阪町1-58



<持ち物>   

・歩きやすいシューズ(履きなれていて、長時間歩いても問題ないシューズをおすすめします)
・リュック(山の辺の道を歩く時は、長時間歩きますのでリュックだと体がラクです)
・常備薬(日頃から飲まれている胃薬や風邪薬、筋肉痛用に湿布などをお持ち頂くと安心です)
・ご自身のお飲み物
・ドリーミング・アートを描く際に使う画材セット(水彩色鉛筆36色以上、水筆、ピグマペン)お持ちでない方は別途ご連絡ください。こちらで準備することも可能です
・筆記用具
・雨具(カッパ)や傘(雨が降った場合でも、山の辺の道は歩く予定です。また、東大寺も観光予定です。雨具や傘があるといいです。)
・その他、各自必要なもの。





 

 

 

◆参加を希望される方へ(お申込みの前に必ず下記をお読み頂き、同意の上、お申込み下さい。)

リトリート中(観光中)巡る箇所は細心の注意を払って誘導いたしますが、危険性を完全に排除することはできないことを予め認識し、お申込みください。主催者、及び講師は、リトリート(ツアー)中に起こった紛失・怪我・事故に際し、応急処置を除いては一切の責任負いません。自己責任の下、ご参加下さいますようお願い致します。不安な方は、万が一のため国内旅行保険に加入されることをお勧めいたします。なお、天候不良や自然災害などでやむ終えず中止になった場合の航空券などのキャンセル料金を負担することはできません。予めご了承くださいますようお願い致します。参加費に関しては基本的にキャンセル規定に基づいた対応となりますが、出来る限り柔軟に対応させて頂きます。以上、予めご了承頂き、同意できる方のみお申込みをお願い致します。お申込みを頂いた時点で、同意していただけたと判断させて頂きます。

 

※ワークショップ、お話会などの録音・録画はご遠慮下さい。




【お申込み】

お申し込みは、下記お申し込みフォームからお願いします。

奈良リトリート
この度は、深瀬啓介さんの奈良リトリートにお申込いただき、誠にありがとうございます。ご予約内容をご確認の上、最後「送信」ボタンを押してください。なお、送信完了の際は、自動返信メールが届きます。自動返信メールが届かない場合はお申込の送信ができておりません。フォームからの送信ができない場合は、お手数おかけしますが直接メールにてお申込みくださいますようお願いいたします。

ご予約完了とご案内メールは、7日以内にご連絡を差し上げますので、今しばらくお待ちください。7日過ぎてもこちらからの連絡がない場合は、お申し込みが届いていない場合がございます。お手数おかけしますが、改めてご連絡いただきますようお願いいたします。
(*印は必須)
*名前(本名でお願いします)     
*ふりがな     
*メールアドレス
*電話番号 --
*住所
- 






*性別  
*参加条件について
*オプションの参加について

5月13日も参加したい方は、参加希望とご記入ください

*メールアドレス(確認用)

よろしければ確認ボタンを押して、確認画面へお進みください。

  

メールフォーム by mface.jp
上記お申し込みフォームからの送信ができない場合は、下記項目をご明記の上、info@hiyori-yamato.comまでお申し込みください。 ※キャンセル規定をご確認の上、お申込みくださいますようお願いいたします。


1、お名前(本名)
2、ふりがな 
3、E-mail(パソコン)
4、携帯番号
5、郵便番号
6、ご住所
7、性別
8、参加条件の件についての回答・その他

9、5/13の参加について

を記入の上、件名に「深瀬啓介 奈良リトリート申込み」、と明記の上お申込みください。

・携帯メールからお申込の方は、info@hiyori-yamato.comからの返信が受信できるように設定をお願いいたします。

※携帯メール、特にezwebでセキュリティ設定が高くなっていると、パソコンからのメールを自動削除してしまうことがまれにあるようです。 7日間待っても弊社からの返信がない場合には必ずご連絡くださいませ。また、gmailやyahooメールなど、迷惑メールに振り分けられることもありますので、返信がない場合は、迷惑メールフォルダをご確認いただけたらと思います。

・料金は先払いの口座振込みとさせていただいております。
・お申込後、お振込先のご連絡を差し上げます。
・ご予約確定後、お振込がない場合でも下記キャンセル規定が適用されますのでご注意ください。
・ご変更やキャンセルなどありましたら早めにご連絡お願いいたします。
・ご予約の譲渡はご遠慮頂いております。予めご了承ください。

※お申し込み後、7日以内に申し込み受付完了のご案内をお送り致します。7日過ぎても弊社からのご案内が送られない場合は受付が完了しておりません。お手数おかけしますが、info@hiyori-yamato.com までご連絡くださいますようお願いいたします。


  



(宮古島リトリートの時に配られたパワーアート)

    

  

キャンセルについて 


【キャンセルについて】
 
ご予約確定後(お申込みいただき、こちらからのご案内をお送りした時点)は、お振込みの如何に関わらず、3週間前から参加費の50%、2週間前からは100%をご負担いただきますので、あしからずご了承くださいませ。(いずれの場合も、振込手数料はお客様負担となります。)

【重要】
お振込の如何に関わらず、上記キャンセル規定が適用されますので、くれぐれもご注意ください。やむをえずキャンセルされる場合には、できるだけお早めにご連絡をお願い致します。なお、お申込み同様、キャンセルの場合もメールにてご連絡下さい。


講師プロフィール 


◆◇深瀬 啓介 
 


色と心の専門家・心理トレーナー・一般社団法人ME応用心理学研究所 代表理事
1972年生まれ。宮城県岩沼市出身。道都大学美術学部環境造形科卒業。
5才の頃に「母が見ている色と自分が見ている色は同じなのだろうか?」という疑問を持ってから色に惹かれ、 以来、コンピュータによる色彩表現や心理学など、認知の研究をし続けている。大学を出てからは仙台のデザイン系専門学校で講師として勤めた。その後、2000年に独立。2004年にはmixiにて色彩研究のコミュニティを立ち上げ会員数15,000人以上となる。この頃、色の研究は心理療法に入っていたが、カラーセラピーというのは魔術的なものが多くほぼ色占いであった。ある時「色の経験という簡単な知覚であっても、人の心はとても複雑で、一概に目や脳の解剖学的、生理的な仕組みで説明できるほど単純ではない。そこに“癒し”という目的が追加されるともっと深い学びが必要であるのに、どうして安易に過去の魔術や不確かな科学風説明で“癒された感じ”という暗示で済ませるのだろうか? 人は新しい進化の局面にあるのにカラーセラピーはとても遅れている!」と考え、今までの色と心の研究を土台に新しい色彩心理療法『MEカラーセラピー』を開発する。 MEカラーセラピーは東京や遠くは福岡など他県から参加したプロのセラピスト達が自分たちのセラピーに取り入れ、口コミで広がっていった。 現在は、公的機関や企業、各種教育機関にて認知行動療法や瞑想、ストレス耐性を上げクリエイティブな仕事ができる心理トレーニングや、脳の機能からアプローチする新しいコミュニケーション方法、相談者を中心とした色彩心理療法の講演や講座を開講している。


■専門:認知色彩工学、色彩心理、分析心理学、認知行動療法、マインドフルネス瞑想、イメージ療法
■著書:『カラーリーディング(文芸社,2010)』、『MEカラーセラピー入門テキスト(IOMEAP,2013)』、『セラピストのためのカラーセラピーハンドブック(IOMEAP,2014)』、『3つのカードでラクラク問題解決!ドリーミング・セラピー・カード(ライトワーカー)』

https://www.pmcv.pw/

 




ページのトップへ戻る